• Relaxy編集部

話題のCBDについて


CBDとして知られるカンナビジオールは大麻に含まれている化合物です。

CBDはかつてタブーの存在でした。しかし今では飲み物やチョコレートに注入され、ローションやスキンケアに入っているほど流行しています。


しかし実はCBDは実は何千年も前から存在していました。最も古い記録は紀元前2737年。当時の中国の皇帝シェンヌンはマラリア、リウマチ、痛風などの病気に大麻を注入したお茶を使用していました。 現代では科学者による医療用使用の研究により、小児てんかんの治療薬エピジオレックスが承認されます。パーティードラッグとして距離を置かれていた大麻とCBDに対する人々の見方が変わり、2018年12月にはアメリカで規制薬物リストから削除されました。(日本では大麻は違法)


そして今日、世界中に人々がストレスや不安、痛み、睡眠に対するサプリメントとしてCBDを使用するようになったのです。