• Relaxy編集部

アロマセラピーの基本について

最終更新: 3月21日

アロマセラピーとはエッセンシャルオイルを使用して心身の健康を改善する方法です。エッセンシャルオイルを使用する方法は様々です。例えば、蒸気で拡散したり、薄めて肌に塗ることがあります。


マッサージにおけるアロマセラピーは不安やうつ病を和らげる精神的メリットや、関節痛、吐き気、頭痛などの症状を和らげる身体的メリットがあることが研究によってわかっています。


アロマオイルの種類


一般的なアロマオイルの種類とその利点を紹介します。以下のアロマオイルは単独として利用することやブレンドして組み合わせることも可能です。


ラベンダー


ラベンダーのオイルはハーブとフローラルの香りでよく知られています。ストレスの軽減や寝る前のリラックスに用いられ睡眠を改善します。


ユーカリ


ユーカリのオイルは多くの健康上のメリットがあることが知られています。マッサージにおいては呼吸器系の健康を促進するだけではなく、頭痛や発熱を軽減することに役立ちます。


シダーウッド


シダーウッドのオイルは松の香りのウッディな香りがあります。マッサージに用いることでリラックスと睡眠に役立つストレス解消効果が期待できます。


ペパーミント


ペパーミントのオイルは集中力を高めることに最適です。マッサージで使用すると、頭痛や吐き気を抑える効果が期待できます。


また、1部のアロマオイルは妊娠中に使用できない可能性がありますので妊娠中にマッサージを予約される方は担当の医師にご相談ください。