• Relaxy編集部

マッサージの種類について

更新日:4月7日

マッサージには多くの種類があるので自分に合った最適なタイプを見つけることは難しいです。このブログでマッサージの種類を知り、その違いを知ることで自分に合ったマッサージを選ぶことができれば幸いです。


スウェディッシュマッサージ


スウェディッシュマッサージと呼ばれているスウェーデン式マッサージは世界で最も知られているマッサージです。


セラピストはオイルやローションを使用し、筋肉の最上層に摩りと揉みのストロークを組み合わせて行います。圧力は小さいものから大きいものまで様々あります。

また多くの場合、腕や脚のストレッチの組み合わせて筋肉の緊張を和らげ、血液の循環を改善し体力を高めて怪我の後の治療に使われています。


チェアマッサージ


チェアマッサージは短時間でマッサージの効果を多く感じることができます。首、背中、腕など仕事で最も緊張する体の部位に焦点を当て施術をします。オフィスやパーティーなどのイベントで時間をかけずに多くの人を癒せるマッサージです。


たった15分間で1日中机に座っていた時の痛みを軽減することができます。職員は気分の改善、エネルギーの増加、生産性の向上、満足度の向上の効果を感じます。また経営者は欠勤が減少したり、ストレス問題における医師の診療回数を減らし医療を削減できるメリットがあります。


スポーツマッサージ


スポーツマッサージはアスリートだけのものではありません。スポーツマッサージは筋肉をリラックスさせたり、乳酸を体から洗い流したり、激しいトレーニング後の回復を早めたりする効果があるので普段カジュアルにスポーツをしたりダイエットをする人に合っています。また、怪我をした場合の負担を軽減し、柔軟性と可動域を改善することが期待できます。


ディープティシューマッサージ(深部組織マッサージ)


1日中椅子に座って腰痛が出た場合はディープティシューマッサージがおすすめです。スポーツマッサージと同じで筋肉をほぐすマッサージですが、ディープティシューマッサージはより深い筋肉を取り巻く結合組織である筋膜を伸ばすことを目的としています。日常生活の動きや姿勢に大きな変化が期待できます。


睡眠マッサージ


多くの睡眠マッサージは全身リラクゼーションや足のリフレクソロジー、頭皮マッサージを取り入れて提供しています。マッサージはストレスを軽減し、身体の痛みを和らげるため、良い睡眠を実現できることがわかっています。