• Relaxy編集部

オフィスマッサージについて

最終更新: 4月7日

オフィスマッサージとは


Relaxyのオフィスマッサージは従業員に10分または15分のチェアマッサージ、ベッドマッサージを提供しています。


平日の昼間に行うマッサージは職場の生産性とモチベーションを上げるのに最高の方法です。それ以外にもニーズと身体に合わせたストレッチを行い従業員にリラックスと活力を生み出します。


またソーシャルディスタンスの昨今、リモートワークをしている従業員の健康を考えることも重要です。そこで会社のニーズに合わせてヨガや瞑想のZoomセッションをセッティングしたり、従業員のご自宅に出張マッサージをプレゼントするなどのサービスを行なっています。


実際の流れ


セラピストは腕や首に使用するためのアロマオイルを持ち込みます。スペースは0.5畳あれば十分です。できれば静かで密閉された空間を使用するため、空いている会議で行います。お洋服はそのままで結構です。


マッサージチェアに座って前屈みになり、顔をフェイスクレードルと呼ばれる穴に置きます。椅子の高さを調整し、デスクワークで緊張しやすい筋肉(首・手・肩・腰)を特定しマッサージを行います。マッサージが終わったらフェイスカバーを交換し、椅子を消毒します。


オフィス向けサービスの詳細は下記のページをご覧ください。 https://www.relaxy.jp/business