• Relaxy編集部

睡眠について

睡眠は次の日の準備をするための大事なルーティーンです。毎晩、より良い睡眠を作る簡単な方法をご紹介します。 アロマセラピー


アロマセラピーはマッサージ中に深いリラクゼーションを促進する効果があり、睡眠にも同じ効果があります。ラベンダーやローズ、シダーウッドなどのエッセンシャルオイルは眠りにつくのを簡単にします。毎晩お風呂に数滴のオイルを垂らしたり、寝室でディフューザーを使用したり、枕にアロマミストかけてみましょう。


寝る前の瞑想


ストレスや不安がある夜は眠りにつくことが難しい場合があります。寝る前の瞑想の練習を始めると、競争心やToDoリスト、不安な気持ちを抑える効果があります。また、瞑想のような呼吸に集中するリラクゼーションは睡眠の質に大きな影響を与えると言われています。

初心者の方は瞑想アプリ「muon」がオススメです。


電子機器を置く


スマートフォンなどの電子機器から放出される青い光は睡眠ホルモンであるメラトニンを破壊し、眠りにつくのを難しくする可能性があります。瞑想やアロマセラピーをする前にスマートフォンをベッドから離れて置きましょう。


シーツをきれいにする


汚れたシーツで寝ると快眠を妨げる可能性があります。特にほこりにアレルギーをお持ちの方は注意しましょう。毎週の洗濯をして清潔なベッドにしてください。